「鬼頭梓先生へのオマージュ」 吉祥寺図書館

すでに20年近く前のことだ。
ある雑誌の企画で鬼頭梓先生と対談した。正確にいえば、鬼頭先生と私を含む4人の鼎談だった。図書館建築の道を歩み出したばかり若造が図書館建築の大御所との対話を望んだのだ。そのとき、知的で、理性的で、ダンディな真の建築家として先生の姿に見入った。以来、職能建築家として王道を歩んだ鬼頭梓先生の幻影を追ってきた。

その鬼頭先生が設計した吉祥寺の図書館のリノベーションを手掛けることとなった。高質な建築も時代の流れに贖うことはできず、古臭くはなっていた。しかし、しっかりと耐震壁が確保された骨太の構造や厳選された家具など、未だ見習うべきものに溢れていた。
そこから見出された解答は「オリジナルを尊重すること」だった。可能な限りオリジナルを維持しながら、現代的な装いを付与することにした。そのために、新たな付与はオリジナルとは同化させることを回避した。それこそが、我々の鬼頭先生に対するオマージュだった。

住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-21-13
竣工
2018年04月
建築面積
603.38㎡
延床面積
1,655.96㎡
構造規模
RC造 地下1階地上2階建て

Menu