「風の色」 柏市立風早南部小学校

敷地は林と畑に囲まれた緑豊かな場所に位置する。近くには海上自衛隊機が離発着する基地がある。その直下にあった場所から現在の位置に移転することとなった。それでも、依然防音区域である。

風早という馨しい校名は地名に由来するものではない。設計当初からそのことが気になり、何とか建築として表現できないだろうかと考えた。斯くして、それは外壁の色として採り入れることにした。
校舎長手には扁平の列柱が並ぶ。その列柱はタイルで仕上げることにした。東端をピンク系、西端をブルー系として、そこからグラデーションを施し、途中でふたつの色味が交差する。風が吹き渡る風のようにふたつの色味が混じり合い、他方の色に収束する。
分かりやすくゆとりある空間、柔軟な学習を可能にする空間構成、環境に配慮した学校、木材を生かした温かみのある空間、そして、 地域のシンボルとしての学校など、さまざまな配慮を加味しながら、校名に相応しい学校が出来上がった。

住所
千葉県柏市藤ヶ谷新田111-2
竣工
2010年08月
建築面積
4,201.26㎡
延床面積
5,963.19㎡
・校舎及び講堂1階:3,687.77㎡
・2階:1,961.79㎡
・屋外プール付属棟1階:155.52㎡
・その他倉庫等6棟 計:158.11㎡
構造規模
鉄筋コンクリート造、地上2階建て

Menu