県営平和通りアパート
日立市こどもすくすくセンター主要作品に戻る

少子化や高齢化を背景に、社会施設と連携した公営住宅の整備が課題となっています。特に核家族化の中では子育てのファミリー世代に対する子育て支援機能の充実が求められています。

「県営平和通アパート・日立市こどもすくすくセンター」は、日立市の中心市街地活性化基本計画に基づき、中心市街地でのモデル事業として市の福祉対策と連携して、子育て支援施設を併設した県営住宅を整備し、“中心市街地への定住化と市街地の活性化”を図ることを目的としました。

敷地は日立市のメインストリートである平和通りと、市民会館通りの交差する角地に位置し、1階に子育て支援施設、2階から8階に3DK対応型の2LDK 14住戸、2LDK 21住戸で構成する、合計35戸の県営住宅を計画しました。

日立こどもすくすくセンターは、“母と子が気軽に利用でき、子育てを楽しくすることを支援する施設”を目指し、一時預かりや子育て交流の機能を有し、子育て自主グループの活動支援と情報提供ができる場を市民に提供しました。

建物は、桜並木で有名な商店街に面することから、“周辺景観及び街並みとの調和と、街のにぎわいの創出”に配慮しました。色彩についても、四季折々に変化する並木との関係に配慮するとともに、1階部分にアクセントカラーを加え、街の活性化の手がかりとなることを期待しています。

所長補佐 石井浩光
住所 茨城県日立市神峰町1丁目10番-1
竣工 2006年1月
建築面積 576.057㎡
延床面積(建屋) 2995.983㎡
各階延床面積 1階:402.247㎡、2階:370,964㎡、
3~8階:370.46㎡
構造規模 鉄筋コンクリート造、地上8階
主要作品に戻る