豊後高田市立図書館主要作品に戻る

豊後高田のまちは、瓦屋根の家並みが素朴で温かい風景をつくっています。そのなかに昭和の町があり、昭和ロマン蔵があります。新しい図書館も町並みに溶け込むように瓦屋根としました。軒先を低く構えた大きな屋根の下に、たくさんの知識、新しい情報、郷土の歴史や物語などを備えて、桂川を挟んで昭和ロマン蔵とともに豊後高田市を特徴づける施設となることを目指しました。

館内に入ると市民の方のスペースは全て1階にあります。壁や柱をできるだけ周囲に設けて、その大部分を入口から一望できる一体的なスペースとし、単純な構成とすることで分かりやすい図書館とすると同時に、将来の変化にも対応できるように配慮しています。また、天井全面は地場産の木材で覆り、柔らかく、ぬくもりのある雰囲気としました。

その中央に光の庭があります。奥行の大きな建物の中央部分に自然光を採りいれ、同時に、大人と子どものスペースを緩やかに隔てています。万一の火災の際の排煙口としての機能も備えています。自然光が行き渡った明るい館内と、近づくと、地元の石を据えて寛いだ雰囲気を創り出しています。

住所 大分県豊後高田市御玉101番地1
竣工 2013年2月
建築面積 1,808.72㎡
延床面積 2,076.01㎡
各階延床面積 1階:1,662.38㎡、
2階:413.63㎡
構造規模 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造2階建
豊後高田市立図書館ホームページを開く
照明デザイン 近田玲子デザイン事務所
主要作品に戻る