常陸大宮市立大宮中学校 武道場
主要作品に戻る

柔道や剣道の武道はスポーツのひとつであるとともに、日本固有の伝統文化としての側面も持ち合わせています。生徒たちはここで伝統的な礼儀や作法を通し心身を鍛え技能を磨きます。

この建物は、武道を行うのにふさわしい場をつくることを目的とし設計を行いました。外観は軒の深い大きな屋根を主題とし、グランド側に対し平入りの切妻屋根として落ち着いた表情をつくりました。内部は壁や天井に市内産のヒノキ材を活かして、緊張感と温かさを併せ持つ空間としました。

この武道場は、市内最初の中学校武道場として建設されました。今後の常陸大宮市の武道場のモデルとなり永く活用されることを期待します。

 

総括・建築担当 石井浩光
住所 茨城県常陸大宮市抽ヶ台町3117
竣工 2011年2月
建築面積 646.12㎡
延床面積 558.38㎡
構造規模 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、平屋建て
主要作品に戻る