「子どもたちのまち」 矢祭町立矢祭小学校

矢祭町は福島県中通り南端の茨城県との県境にあり、「合併しない宣言」をしたことで知られる。
町は、過疎化の進行を阻止すべく積極的な子育て支援策を図り、児童の減少傾向を緩めている。矢祭小学校建設はその集大成となる大事業で、町内の5つの小学校を1校に統合するものであった。
矢祭町の中心部は東館という。八溝山を源流とする久慈川、水戸と郡山を結ぶJR水郡線、水戸と会津を結ぶ国道118号線が東西約1㎞の山間の平地を並走し、国道沿いには東西方向に棟をもつ家々が建ち並ぶ。
敷地は東館の南の入口に位置し、国道寄りの低い部分と5m程高い旧東館小学校校地からなる。ここに「子どもたちのまち」を創ろうと考えた。町唯一の小学校となり、子どもを取り巻く町民も集まり、子どもたちが大人になったときには町民皆の母校になる。そして、町中から通う子どもたちの元気な姿が高齢化した町に元気を与える。
校舎は高い土地に南北軸上に配置し、高さのある体育館を国道沿いに配置した。棟の高さを揃え、妻入りの家並みが連なるまちの様相を創った。その主軸が朝日の道である。国道から運動場に向かって校舎を貫き、まちと学校をつなぐこの道を、子どもたちは毎朝朝日に向かって登校する。その途中に「つつじの舞台」と呼ぶ大階段を設けて高低差を解消した。
内部空間は、朝日のみちに面する昇降口からランチルーム・メディアセンターの共用空間を主動線として、東側・南側に普通教室、西側に特別教室が連続する。地場産の木材に包まれた子どもたちのまちが立体的に展開する。朝日の道南側を学校専用空間、北側を地域との共用空間として多様な役割にも対応する。
朝は体育館前に町内各地から通う子どもたちを乗せたバスが寄り付く。夜体育館は町民に開放された日には明かりが灯る。町唯一の小学校は東館にささやかなにぎわいを創り始めている。

私たちの創る建築において、屋根は重要なファクターである。
極めて原初的には雨露を凌ぐものであり、発展的には良好な内部環境を獲得するためのものである。しかし、屋根はそこに留まることなく、一個の建築の佇まいとなり、その集合体が屋根並みとして風景を創り出す。逆説的にいえば、一個の建築の性能を確保しながら、周囲に対してどうコミットするかを屋根の形状に込める意味となる。

住所
福島県東白川郡矢祭町大字東舘字下上野内10番地
竣工
2016年06月
建築面積
4,258.54㎡
延床面積
6,039.99㎡
構造規模
RC造一部鉄骨造 2階建て

Menu